「音で観るダンスのワークインプログレス」 final

2019年8月31日 どようび

音声ガイドとともにダンスを観るプロジェクトのさいしんけい。ダンスを観るとは何か——音声ガイドを起点にたどりついた「音で観るダンス」を上演

視覚に障害のある人たちに音で視覚情報を補助する「音声ガイド」。音声ガイドは、視覚情報を音で置き換えることで、鑑賞する人の頭の中にさまざまなイメージを浮かび上がらせる手法です。そんな音声ガイドをダンスという身体表現につけるとしたら、どんなダンスの“見方”が生まれるのでしょうか。

このプロジェクトでは、より多くの人が身体表現を楽しめる状況をつくるだけでなく、視覚の有無を超えてダンスと音声ガイドのより良い関係を探るべく、2年にわたりワークショップや研究会を重ねてきました。

今回の公演では、これまでにつくられてきた音声ガイドを選んで聴きながらダンスを鑑賞するのに加え、それらの過程を経てつくられた「音で観るダンス」を3年間の総括として上演いたします。

上演前にタッチツアーを開催!

視覚に障害のあるかたを優先に、開演前に今回のダンスのコンセプトを体で感じたり、ダンサーとコミュニケーションがとれる「タッチツアー」を開催致します。30分程度、計2回、定員10名(先着順、いっかいめとにかいめは同じ内容です。)いっかいめは12:00開始、にかいめは13:00開始。メールにてようじぜんよやく。

予約方法

にせんじゅうきゅうねん、しちがつにじゅうにち、どようび。10時より、メールにて受付いたします。

いっつうにつきいちめいまで。介助者がいらっしゃる場合はご本人と介助者。けいにめいまで。

メールアドレス。おー。ゆー。びー。おー。アットマーク。けー。えー。えぬ。えー。じー。えー。だぶりゅー。えー。はいふん。えー。えふ。どっと。おー。あーる。じー。に件名を「音声ガイドじょうえんもうしこみ」として、次の項目をご記入の上お送りください。

定員(120名)になり次第、締切させていただきます。
個人情報は本事業に関するご連絡および今後の催事のご案内以外には使用いたしません。

問い合わせ先

カート 神奈川芸術劇場。郵便番号。に、さん、いち、かながわけん、よこはまし、なかく、やましたちょう、281。電話番号。ゼロ、よん、ご、ろく、さん、さん、ろく、ご、ゼロ、ゼロ。ファックス。ゼロ、よん、ご、ろく、はち、いち、いち、ろく、きゅう、いち。神奈川芸術劇場ホームページ